作成者別アーカイブ: kino

[other] paper pool

東急東横線沿線の祐天寺駅近くにバーと暗室とギャラリーが一体になったお店ができたよーという話は薄々聞いていたのだが、今週になってようやっと行って来た。しかも2回。

そのきっかけは赤城耕一さんのブログを何気なく見ていたらそこに書かれていたこと。写真と暗室とお酒を愛する僕にとって、それはかなり魅力的で夢のような空間と感じた。色々調べてみるとカメラの修理屋さんを呼んで、カメラ診断会をするという催しをやっているらしい。「それは面白い!僕のカメラも診てもらいたい!」と思ったが、国産のフィルムカメラ限定だそうで、最近国産のフィルムカメラを使わなくなった僕はがっくし。
でも一度は行ってみようと仕事を早めに切り上げられた平日の夕方お店へ。入店するとカウンターにはライカM3にエルマーを着けた先客。こういう初めての場所に行くと話す事がなくて困ってしまって黙っている正確なのだが、共通の趣味があるとわかるととたんに嬉しくなって話しかける事ができるようになる。しかもライカとなるととても親近感が沸き話がはずむ。
ライカの悩み等々色々聞いているうちにたまたま赤城耕一さんがやってきた。友達づてや雑誌などで赤城さんはどんなことをしている人なのかは少し知っていたが実際に会ったのは初めてでちょっと緊張。でも赤城さんもそのお客さんのライカを見るやレンズやボディの細部までチェックをしだし、色々語ってくれた。赤城さんのライカばなしを生で直接聞けてとても嬉しかった。

そして土曜、近所に行く機会があったので、再びpaper poolへ。駅からほんとに徒歩2分くらいなので行きやすいのだ。夕方お店に行くとそこは沢山の人。現在展示開催中の『Benedek Frank / Gabor Samjeske二人展「Umbrella World」』の作者の方とその友人たちの集まりだった。お二人の展示はUmbrellaというキーワードでそれぞれが撮影したモノクロ写真が展示されている。北海道の雪の写真や香港での反政府デモ(Umbrella Revolution)の作品。聞くとお二人ともライカを使っているようで、作品の話をちゃんと聞かずにライカの話をしてしまってしまったことには反省しなければいけないと後から思った。
僕がカウンターの席につくと隣の先客の方が「そのカメラはなんですか?」と聞いてきた。おお、この人もやはりカメラマニアなのだなと思いつつ控えめに「チェコのフレクサレットという二眼レフです」と答える。その方のカメラはブロニカのSQ。初めてSQを触ってその重さに驚きつつも、スクリーンの見やすさや随分接写できるところに感動した。そしてよくよく話を聞いてみると、渡部さとるさんワークショップ2B受講者だった。渡部さんや2Bの近況などを聞き、東京へ来た頃の事を思い出したりして懐かしい気分になる。近々49期が開催されるとのことなので、僕が通っていたころの15期は遥か昔。しばらく疎遠になってしまっていたので久々に顔を出してみたいと思っている。

カメラがつなぐ人の輪、すごい。ほんとに。

[お店情報] ———-
paper pool
~ ギャラリーと写真暗室とカフェ&バーのペーパープール(目黒・祐天寺)
http://www.paper-pool.com/
東京都目黒区祐天寺2-16-10 たちばなビル2階

営業時間:火曜ー土曜 15:30〜23:00 日曜 15:00〜19:00
(※展示のない週の火〜土は17:00オープン)
定休日:月曜(臨時休あり)
———-

[camera] Rollei35T

縁あって、ローライ35Tが我が家にやってきました。
そして早速、試し撮りをしてきました。このカメラとにかく小さい!レンズを折り畳むと余裕でポケットに入ってしまう大きさで持ち運びが非常に楽。デザインもカッッコイイし持ってて嬉しくなるカメラだ。ピントは目測なので近距離の撮影は難しいけど気にせずぱしゃぱしゃ気楽に撮れる。最近ライカのレンズばかり使っているせいか、コントラストが高めで、焼き始めはちょっと苦労して、レンズによってこんなにも変わるもんなんだなぁ〜と感心。次回はカラーをつめてみよう。

I got Rllei35T from an illustrator, and took some test shot. The Rollei35T is very compact and easy to bring in my pocket! very nice. Design is also cool and I feel happy to take one. The Focusing is difficult because it’s eyeball system.

Rollei 35T with café au lait

Rollei 35T with café au lait

" a off-street "  Gotanda Tokyo /   Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Leica Focotar 50mm F4.5 / film: Fuji Acros, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Rollei35T 40mm F3.5

” a off-street ” Gotanda Tokyo / Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Leica Focotar 50mm F4.5 / film: Fuji Acros, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Rollei35T 40mm F3.5

" Choukoku no mori "  Hakone Kanagawa /   Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Leica Focotar 50mm F4.5 / film: KODAK TMAX400(TMY), paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Rollei35T 40mm F3.5

” Choukoku no mori ” Hakone Kanagawa / Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Leica Focotar 50mm F4.5 / film: KODAK TMAX400(TMY), paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Rollei35T 40mm F3.5

" Volcanic Steam "  Hakone Kanagawa /   Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Leica Focotar 50mm F4.5 / film: Fuji Acros, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Rollei35T 40mm F3.5

” Volcanic Steam ” Hakone Kanagawa / Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Leica Focotar 50mm F4.5 / film: Fuji Acros, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Rollei35T 40mm F3.5

[test] α7Ⅱ + Minolta G-Rokkor 28mm F3.5 (L)

α7ⅡにミノルタのG-ロッコール28mm f3.5を装着してテストをした。
やはりこのレンズ、周辺減光がドラマチックで素敵だ。α7Ⅱに装着するといつもフィルムで使っているときよりも周辺減光が強く出る。絞りすぎると減光のかたちが直線的になってしまってイマイチかも。

ソニーα7ⅡにミノルタのGロッコール28mm F3.5

Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5 (L)

ソニーα7Ⅱ + ミノルタGロッコール28mm F3.5

” From Train ” Tokyo Jan 2015 / Camera&Lens: Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5 (L)

ソニーα7Ⅱ + ミノルタGロッコール28mm F3.5

” From Train ” Tokyo Jan 2015 / Camera&Lens: Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5 (L)

—– TEST: comparison of peripheral illumination —–
ピントを最短撮影距離と無限遠にして周辺光量の変化を確認してみた。特に違いはなさそうだ。

" F3.5 shortest / peripheral illumination test " Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5  (L)

” F3.5 shortest / peripheral illumination test ” Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5 (L)

" F3.5 Infinity / peripheral illumination test " Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5  (L)

” F3.5 Infinity / peripheral illumination test ” Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5 (L)

—– TEST: comparison of peripheral illumination Color / BW —–
ピント無限遠で絞りによる周辺減光の比較をしてみた。F16まで絞ると減光が角張った感じになってしまってイマイチ。使うのなら絞り開放がよいかもしれない。これはデジタルだからなのか。

" F3.5 color / peripheral illumination test " Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5  (L)

” F3.5 color / peripheral illumination test ” Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5 (L)

" F3.5 BW / peripheral illumination test " Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5  (L)

” F3.5 BW / peripheral illumination test ” Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5 (L)


" F3.5 color / peripheral illumination test " Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5  (L)

” F3.5 color / peripheral illumination test ” Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5 (L)

" F3.5 BW / peripheral illumination test " Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5  (L)

” F3.5 BW / peripheral illumination test ” Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5 (L)

—– TEST: comparison of aperture —–
絞りをF3.5、F8、F16にして比較。絞っていくにしたがい絞り羽根から漏れる光線がひどくなってくる。太陽を直接撮影するときは要注意な感じ。

" F3.5 / aperture test " Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5  (L)

” F3.5 / aperture test ” Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5 (L)

" F8 / aperture test " Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5  (L)

” F8 / aperture test ” Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5 (L)

" F16 / aperture test " Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5  (L)

” F16 / aperture test ” Sony A7 II ILCE-7M2 + Minolta G-Rokkor 28m F3.5 (L)

darkroom work #14

中国天津。darkroom work #13 の続き。
デジタルが続いたのでたまにはアナログの写真を。
これらの写真は中国産のラッキーSHD100(Lucky Film=中国乐凯胶片集团公司)というモノクロフィルムを使っている。北京五棵松の北京摄影器材城というところで購入したもの。せっかく中国の写真を撮るのだから、その国のフィルムを使わなければ、と思ったわけです。このSHD100、感度100にも関わらず粒子が相当荒い。けれどもその荒さがドラマチックで結構好き。しかし残念なのは気温が高いところにフィルムを置いておいたばかりに、テレンプかその接着剤が溶け出してフィルムがベトベトになってしまったこと。10本くらい買ったのに半分以上がダメになってしまった。生き残ったフィルムで撮影したのがこの天津のシリーズ。乳剤面にすーっとまっすぐ入った傷もまた思い出深い。

中国 天津

” old apartment ” Tianjin China / Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Rodenstock Rogonar-S 50mm/ film: Lucky SHD100, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Leica M4P + Leica Elmar 35mm F3.5

中国 天津

” a gate ” Tianjin China / Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Rodenstock Rogonar-S 50mm/ film: Lucky SHD100, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Leica M4P + Leica Elmar 35mm F3.5

中国 天津

” a woman ” Tianjin China / Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Rodenstock Rogonar-S 50mm/ film: Lucky SHD100, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Leica M4P + Leica Elmar 35mm F3.5

[test] comparison of DOF on each aperture DR-Summicron

新年一発目からカメラ&レンズの話です。完全に自己満ですが、、
今回はソニーα7ⅡHawk’s Factoryのヘリコイド付きマウントアダプタを介してライカのデュアルレンジズミクロン50mmf2を装着したときの「各絞りによるボケみ(被写界深度)の違い」をテストしてみました。
写真は昔フィンランドのArabia(iittala傘下)という陶器のメーカーへ工場見学に行ったときに貰ったコーヒーカップです。最短撮影距離が50cmのDRズミクロンとヘリコイド付きのマウントアダプタを目一杯伸ばすと(最短撮影側)、レンズの先からピントの合う点まで23cmくらいでかなり寄れます。倍率の計算はめんどくさいのでよくわかりませんがとにかく結構寄れます。今回はその最短撮影距離にピントをあわせた状態でのボケの比較です。だから何?って感じですが。

α7IIでライカDRズミクロンの絞りによる近接撮影時のボケみのテスト

” aperture test F2.0 ” Camera&Lens: Sony A7 II ILCE-7M2 + Hawk’s Factory M-E helicoid mount + Leica DR Summicron 50mm f2.0

α7IIでライカDRズミクロンの絞りによる近接撮影時のボケみのテスト

” aperture test F2.8 ” Camera&Lens: Sony A7 II ILCE-7M2 + Hawk’s Factory M-E helicoid mount + Leica DR Summicron 50mm f2.0

α7IIでライカDRズミクロンの絞りによる近接撮影時のボケみのテスト

” aperture test F4 ” Camera&Lens: Sony A7 II ILCE-7M2 + Hawk’s Factory M-E helicoid mount + Leica DR Summicron 50mm f2.0

α7IIでライカDRズミクロンの絞りによる近接撮影時のボケみのテスト

” aperture test F5.6 ” Camera&Lens: Sony A7 II ILCE-7M2 + Hawk’s Factory M-E helicoid mount + Leica DR Summicron 50mm f2.0

α7IIでライカDRズミクロンの絞りによる近接撮影時のボケみのテスト

” aperture test F8 ” Camera&Lens: Sony A7 II ILCE-7M2 + Hawk’s Factory M-E helicoid mount + Leica DR Summicron 50mm f2.0

α7IIでライカDRズミクロンの絞りによる近接撮影時のボケみのテスト

” aperture test F11 ” Camera&Lens: Sony A7 II ILCE-7M2 + Hawk’s Factory M-E helicoid mount + Leica DR Summicron 50mm f2.0

α7IIでライカDRズミクロンの絞りによる近接撮影時のボケみのテスト

” aperture test F16 ” Camera&Lens: Sony A7 II ILCE-7M2 + Hawk’s Factory M-E helicoid mount + Leica DR Summicron 50mm f2.0

2015 Happy New Year!

明けましておめでとうございます!

Happy new year!
新年快乐!
新年好!
Gott nytt år!
Bonne année!
Поздравляю с Новым годом!
Шинэ оны мэнд хүргэе!
새해 복 많이 받으세요!
¡Feliz año nuevo!
Prosit Neujahr!

モンゴルで出会った子羊

” Mongolian Lamby ” Mongolia / Camera&Lens: Hasselblad 503CX + C Planar 80mm F2.8

[camera] altered “HAWK’S FACTORY M-E mount adaptor”

今回はHAWK’S FACTORY製のM-Eマウントアダプタの改造の話です。

普段私は ソニーのNEX や α7Ⅱに ライカMマウントのレンズを装着して使う事が多い。というかα7Ⅱに関して言えば純正レンズを持っていない。そんなわけで台湾のHAWK’S FACTORY製の”LEICA-M L-M to SONY E-mount MACRO TUBE HELICOID”というヘリコイド付きのマウントアダプターを介してレンズをカメラ本体につけている。
しかしこのマウントアダプタ、NEX-5やNEX-6では全く問題がなかったのに、α7IIにつけるとどうもカメラが誤動作する。その誤動作というのはMFアシストを使っているときや設定画面で各種設定をしている途中でいきなり撮影画面に戻ってしまうこと。調子がよいと問題ないのだけれども、たまにそれが頻発して全然MFアシストが使えなくなってしまう。
これがなぜかと調べてみると、どうやらこのマウントアダプタを装着しているときだけ問題が起き、ヘリコイドを繰り出して接写のときは問題が起きないということを発見。どうやらヘリコイドの内側のところがカメラ側の電気接点と接触していることで変な現象が起きている事がわかった。
最近ではHAWK’S FACTORY社はα7に正式対応を謳ったものやVer5なるものがあるそうで、それだと直るのかもしれないけれど(僕がこのマウントを買ったのは2年以上前)、なんせお高い。というわけで、自分で改造することにした。

The alter of HAWK'S FACTORY LEICA-M L-M to SONY E-mount MACRO TUBE HELICOID

The alter of HAWK’S FACTORY LEICA-M L-M to SONY E-mount MACRO TUBE HELICOID

改造といってもやりかたは簡単で、マウントアダプターを分解し、電気接点に当たりそうな部分だけを適当にヤスリで削るだけ。分解はプラスドライバー一本でできる。アダプタはスチールではなくアルミ製でプラモ用のしょぼいヤスリでも簡単に削れる感じだった。適当に1mmほどの深さを削って歯ブラシで削りカスを丁寧に取り、再び組み立て。

The alter of HAWK'S FACTORY LEICA-M L-M to SONY E-mount MACRO TUBE HELICOID
The alter of HAWK'S FACTORY LEICA-M L-M to SONY E-mount MACRO TUBE HELICOID
そしてα7Ⅱにこの改造マウントを介してMマウントレンズをつけると・・・なんと、誤動作の症状は改善!たった10分ほどの作業で問題なくこのアダプタが使えるようになって、我ながら感動した。

[test] α7Ⅱ + Asahi Pentax Super-Takumar 55mm f1.8

もはやソニーα7IIのレビューサイトに化していますが、、、
アサヒペンタックス55mmf1.8(M42マウント)をα7Ⅱに装着してテストしてみました。放射性のガラスが使われていることで有名ですが放射能が影響してフレアが出ている訳ではありませんw
このレンズ、光源に向けると今の時代のレンズではあり得ないようなフレアが出ます。コントラストも低下し、ピントも甘くなり、もじょもじょも出て来て画質という面ではお世辞にもよいとはいえないのだけれど、その盛大なフレアが逆に面白く、いつも好んで使っています。柔らかな描写も人物や食べ物を撮るのに重宝します。
しかも安いのがいい。僕は3年くらい前だったか新宿の中古カメラBOXで3000円で買いました。先日三宝カメラを覗いてみたら1080円で売ってました。Eマウントのカメラを使っている方は是非一本は持っておくべきだと思います。
フレアガンガンの様子を動画でも撮影してみました。(youtube)

ソニー α7 II に アサヒペンタックス スーパータクマー55mm f1.8 を装着

Sony A7 II ILCE-7M2 + Asahi Pentax Super-Takumar 55mm F1.8 (M42 mount)

スーパータクマー 55mm f1.8 のフレア観察

” winter fallen leaves ” Tokyo December / Camera&Lens: Sony A7 II ILCE-7M2 + Asahi Pentax Super-Takumar 55mm F1.8 (M42 mount)

スーパータクマー 55mm f1.8 のフレア観察

” sunlight from the trees ” Tokyo December / Camera&Lens: Sony A7 II ILCE-7M2 + Asahi Pentax Super-Takumar 55mm F1.8 (M42 mount)

スーパータクマー 55mm f1.8 のフレア観察

” sunlight with greens ” Tokyo December / Camera&Lens: Sony A7 II ILCE-7M2 + Asahi Pentax Super-Takumar 55mm F1.8 (M42 mount)

スーパータクマー 55mm f1.8 フレアがでない条件で撮影

” greens ” Tokyo December / Camera&Lens: Sony A7 II ILCE-7M2 + Asahi Pentax Super-Takumar 55mm F1.8 (M42 mount)

[test] Sony α7 II Steady Shot comparison

ソニーα7Ⅱの手ぶれ補正 オン・オフを比較してみた。
画像は24M(6000x4000px)のJPEG設定で撮影し、手ぶれ補正有無の画像からそのまま1080x800pxを切り出したもの。撮影に使ったレンズはいつものフレクトゴン35mmF2.4で被写体からレンズまでの距離はだいたい10cm程度。絞りはF4、シャッター速度は1/10秒で、ブレがわかりやすいように、わざと手をプルプルさせている。

角度ブレ、シフトブレなど何の補正が聞いているのか詳しくは知らないけれども35mmレンズのマクロ撮影で1/10秒でもそこそこブレずに撮影できる事がわかって満足。動画撮影時もいい感じで手ぶれ補正が効いているので後で動画も撮影してみようと思う。

ソニーα7IIの手ぶれ補正ON/OFFの比較画像

” Comparison of Sony alpha 7 II Steady Shot with macro lens ” Sony A7 II ILCE-7M2 + Carl Zeiss Jena MC Flektogon 35mm F2.4