カテゴリー別アーカイブ: Leica

[darkroom work] Hong Kong #1

香港 2017年3月

香港の猫

” Cat in Hong Kong ” / Darkroom test print / film: Ultra Fine Extreme 400 (TMAX developer) / paper: Ilford MGIV RC 44M 8×10 / camera: Leica Leitz M4-P + MS Optical Sonnetar 50mm F1.1


香港の壁の落書き

” Wall Paint in Hong Kong ” / Darkroom test print / film: Ultra Fine Extreme 400 (TMAX developer) / paper: Ilford MGIV RC 44M 8×10 / camera: Leica Leitz M4-P + MS Optical Sonnetar 50mm F1.1


香港の仏像

” Statues in Hong Kong ” / Darkroom test print / film: Ultra Fine Extreme 400 (TMAX developer) / paper: Ilford MGIV RC 44M 8×10 / camera: Leica Leitz M4-P + MS Optical Sonnetar 50mm F1.1


香港 上半身裸の男

” A naked guy in Hong Kong ” / Darkroom test print / film: Ultra Fine Extreme 400 (TMAX developer) / paper: Ilford MGIV RC 44M 8×10 / camera: Leica Leitz M4-P + MS Optical Sonnetar 50mm F1.1

[darkroom work] Mexico-USA Border

アメリカの大統領がトランプさんに代わり、何かと騒がれているのでこの写真が焼きたくなった。
写真は2016年のティファナの海岸のメキシコとアメリカ国境。国境というと厳戒態勢なのかと気にしていたけれど、実際に行ってみるとメキシコサイドは観光地になっており、沢山の観光客で賑わっていた。親子で楽しそうに遊ぶ家族が印象的。ボーダーの柵の間隔も意外と広く、細い人なら普通に通り抜けられそう。
撮影していると地元のおじさん(といっても僕より若い)が「ビール好きか?」話しかけてきた。もちろん!と答えると、でっかい缶のTECATE Liteを買ってきてくれて、チュロス屋や交通整備員、飲食店のおじさん達となぜか路上飲み。警察が来たらビールを発泡スチロールのカップに慌てて移したり。彼ら英語はあまり話せなかったが、Googleの音声翻訳を使いつつスペイン語コミュニケーション。すごい時代だなぁと思いつつも、おっさん達の言葉は卑猥なものだったり、俗語だらけで全然出てこなくて苦労した。おかげでたくさんの汚いスペイン語を覚えたw 夜は更け、そろそろ帰りたいなぁなんて思っていると、仕事をしないで酒を飲んでいるチュロス屋の奥さんが来てみんな叱られてお開き。楽しい夕べだった。

使ったカメラはミノルタCLE+ライツエルマー35mm F3.5。この組み合わせが超小さくてポケットにも入るので気に入っている。ジャンクで買った60年くらい前のレンズなので、逆光に弱かったり、ソフトなのはご愛嬌。とはいえ、軽装の旅にはもってこいだ。

メキシコーアメリカ国境の家族

” A Family beside the Mexico-USA border ” Plaza Monumental Playas de Tijuana Mexico / Darkroom test print enlarger: Leitz ValoyII+Focotar 50mm/ film: Arista EDU Ultra200, paper: Arisuta EDU VC FC 5×7 / camera: Minolata CLE + Leica Elmar 35mm F3.5

メキシコーアメリカ国境の家族

” A Family beside the Mexico-USA border ” Plaza Monumental Playas de Tijuana Mexico / Darkroom test print enlarger: Leitz ValoyII+Focotar 50mm/ film: Arista EDU Ultra200, paper: Arisuta EDU VC FC 5×7 / camera: Minolata CLE + Leica Elmar 35mm F3.5

メキシコーアメリカ国境

” Mexico-USA border ” Plaza Monumental Playas de Tijuana Mexico / Darkroom test print enlarger: Leitz ValoyII+Focotar 50mm/ film: Arista EDU Ultra200, paper: Arisuta EDU VC FC 5×7 / camera: Minolata CLE + Leica Elmar 35mm F3.5

メキシコーアメリカ国境

” A Family beside the Mexico-USA border ” Plaza Monumental Playas de Tijuana Mexico / Darkroom test print enlarger: Leitz ValoyII+Focotar 50mm/ film: Arista EDU Ultra200, paper: Arisuta EDU VC FC 5×7 / camera: Minolata CLE + Leica Elmar 35mm F3.5

darkroom work #14

中国天津。darkroom work #13 の続き。
デジタルが続いたのでたまにはアナログの写真を。
これらの写真は中国産のラッキーSHD100(Lucky Film=中国乐凯胶片集团公司)というモノクロフィルムを使っている。北京五棵松の北京摄影器材城というところで購入したもの。せっかく中国の写真を撮るのだから、その国のフィルムを使わなければ、と思ったわけです。このSHD100、感度100にも関わらず粒子が相当荒い。けれどもその荒さがドラマチックで結構好き。しかし残念なのは気温が高いところにフィルムを置いておいたばかりに、テレンプかその接着剤が溶け出してフィルムがベトベトになってしまったこと。10本くらい買ったのに半分以上がダメになってしまった。生き残ったフィルムで撮影したのがこの天津のシリーズ。乳剤面にすーっとまっすぐ入った傷もまた思い出深い。

中国 天津

” old apartment ” Tianjin China / Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Rodenstock Rogonar-S 50mm/ film: Lucky SHD100, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Leica M4P + Leica Elmar 35mm F3.5

中国 天津

” a gate ” Tianjin China / Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Rodenstock Rogonar-S 50mm/ film: Lucky SHD100, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Leica M4P + Leica Elmar 35mm F3.5

中国 天津

” a woman ” Tianjin China / Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Rodenstock Rogonar-S 50mm/ film: Lucky SHD100, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Leica M4P + Leica Elmar 35mm F3.5

[test] comparison of DOF on each aperture DR-Summicron

新年一発目からカメラ&レンズの話です。完全に自己満ですが、、
今回はソニーα7ⅡHawk’s Factoryのヘリコイド付きマウントアダプタを介してライカのデュアルレンジズミクロン50mmf2を装着したときの「各絞りによるボケみ(被写界深度)の違い」をテストしてみました。
写真は昔フィンランドのArabia(iittala傘下)という陶器のメーカーへ工場見学に行ったときに貰ったコーヒーカップです。最短撮影距離が50cmのDRズミクロンとヘリコイド付きのマウントアダプタを目一杯伸ばすと(最短撮影側)、レンズの先からピントの合う点まで23cmくらいでかなり寄れます。倍率の計算はめんどくさいのでよくわかりませんがとにかく結構寄れます。今回はその最短撮影距離にピントをあわせた状態でのボケの比較です。だから何?って感じですが。

α7IIでライカDRズミクロンの絞りによる近接撮影時のボケみのテスト

” aperture test F2.0 ” Camera&Lens: Sony A7 II ILCE-7M2 + Hawk’s Factory M-E helicoid mount + Leica DR Summicron 50mm f2.0

α7IIでライカDRズミクロンの絞りによる近接撮影時のボケみのテスト

” aperture test F2.8 ” Camera&Lens: Sony A7 II ILCE-7M2 + Hawk’s Factory M-E helicoid mount + Leica DR Summicron 50mm f2.0

α7IIでライカDRズミクロンの絞りによる近接撮影時のボケみのテスト

” aperture test F4 ” Camera&Lens: Sony A7 II ILCE-7M2 + Hawk’s Factory M-E helicoid mount + Leica DR Summicron 50mm f2.0

α7IIでライカDRズミクロンの絞りによる近接撮影時のボケみのテスト

” aperture test F5.6 ” Camera&Lens: Sony A7 II ILCE-7M2 + Hawk’s Factory M-E helicoid mount + Leica DR Summicron 50mm f2.0

α7IIでライカDRズミクロンの絞りによる近接撮影時のボケみのテスト

” aperture test F8 ” Camera&Lens: Sony A7 II ILCE-7M2 + Hawk’s Factory M-E helicoid mount + Leica DR Summicron 50mm f2.0

α7IIでライカDRズミクロンの絞りによる近接撮影時のボケみのテスト

” aperture test F11 ” Camera&Lens: Sony A7 II ILCE-7M2 + Hawk’s Factory M-E helicoid mount + Leica DR Summicron 50mm f2.0

α7IIでライカDRズミクロンの絞りによる近接撮影時のボケみのテスト

” aperture test F16 ” Camera&Lens: Sony A7 II ILCE-7M2 + Hawk’s Factory M-E helicoid mount + Leica DR Summicron 50mm f2.0

[camera] altered “HAWK’S FACTORY M-E mount adaptor”

今回はHAWK’S FACTORY製のM-Eマウントアダプタの改造の話です。

普段私は ソニーのNEX や α7Ⅱに ライカMマウントのレンズを装着して使う事が多い。というかα7Ⅱに関して言えば純正レンズを持っていない。そんなわけで台湾のHAWK’S FACTORY製の”LEICA-M L-M to SONY E-mount MACRO TUBE HELICOID”というヘリコイド付きのマウントアダプターを介してレンズをカメラ本体につけている。
しかしこのマウントアダプタ、NEX-5やNEX-6では全く問題がなかったのに、α7IIにつけるとどうもカメラが誤動作する。その誤動作というのはMFアシストを使っているときや設定画面で各種設定をしている途中でいきなり撮影画面に戻ってしまうこと。調子がよいと問題ないのだけれども、たまにそれが頻発して全然MFアシストが使えなくなってしまう。
これがなぜかと調べてみると、どうやらこのマウントアダプタを装着しているときだけ問題が起き、ヘリコイドを繰り出して接写のときは問題が起きないということを発見。どうやらヘリコイドの内側のところがカメラ側の電気接点と接触していることで変な現象が起きている事がわかった。
最近ではHAWK’S FACTORY社はα7に正式対応を謳ったものやVer5なるものがあるそうで、それだと直るのかもしれないけれど(僕がこのマウントを買ったのは2年以上前)、なんせお高い。というわけで、自分で改造することにした。

The alter of HAWK'S FACTORY LEICA-M L-M to SONY E-mount MACRO TUBE HELICOID

The alter of HAWK’S FACTORY LEICA-M L-M to SONY E-mount MACRO TUBE HELICOID

改造といってもやりかたは簡単で、マウントアダプターを分解し、電気接点に当たりそうな部分だけを適当にヤスリで削るだけ。分解はプラスドライバー一本でできる。アダプタはスチールではなくアルミ製でプラモ用のしょぼいヤスリでも簡単に削れる感じだった。適当に1mmほどの深さを削って歯ブラシで削りカスを丁寧に取り、再び組み立て。

The alter of HAWK'S FACTORY LEICA-M L-M to SONY E-mount MACRO TUBE HELICOID
The alter of HAWK'S FACTORY LEICA-M L-M to SONY E-mount MACRO TUBE HELICOID
そしてα7Ⅱにこの改造マウントを介してMマウントレンズをつけると・・・なんと、誤動作の症状は改善!たった10分ほどの作業で問題なくこのアダプタが使えるようになって、我ながら感動した。

darkroom work #13

最近なんだか暗室熱がまた上昇中で、五反田の鈴木写真工房さんのところに通っている。下記の写真は数年前に言った中国天津の風景。綺麗な町並みを少し外れるとフォトジェニックな世界が広がっていた。

Recently, my darkroom work motivation has been increasing and I frequent Suzuki Photography Lab in Gotanda.These photographs were taken in Tianjin China. I could see the photogenic world in the city.

" a chiken "  Tianjin China /   Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Rodenstock Rogonar-S 50mm/ film: Fuji ACROS100, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Leica M4P + Leitz Elmar 35mm F3.5

” a chiken ” Tianjin China / Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Rodenstock Rogonar-S 50mm/ film: Fuji ACROS100, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Leica M4P + Leitz Elmar 35mm F3.5

" a bike "  Tianjin China /   Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Rodenstock Rogonar-S 50mm/ film: Fuji ACROS100, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Leica M4P + Leitz Elmar 35mm F3.5

” a bike ” Tianjin China / Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Rodenstock Rogonar-S 50mm/ film: Fuji ACROS100, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Leica M4P + Leitz Elmar 35mm F3.5

darkroom work #12

引き続きメキシコのエンセナーダの写真。丘には沢山の焦げたサボテンがあった。
This photo is also taken in Ensenada Mexico. There are many burnt cactus-like plant.

" from a hill "  Ensenada Mexico /   Darkroom print / film: Fuji ACROS100, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Leica M4P + MINOLTA G-Rokkor 28mm F3.5(L)

” from a hill ” Ensenada Mexico / Darkroom print / film: Fuji ACROS100, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Leica M4P + MINOLTA G-Rokkor 28mm F3.5(L)

darkroom work #11

動物のしっぽのような植物。何かわからない。
A plant like a tail of animal. What is this?

like a tail B&W photograph

” like a tail ” Ensenada Mexico / Darkroom print / film: Fuji ACROS100, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Leica M4P + MINOLTA G-Rokkor 28mm F3.5(L)