[exhibition] Valoy展 2

祐天寺PaperPool主催のマニア写真展、Valoy展2に参加します。
機材縛りの展示です。なにかと言うと、写真のネガの像を印画紙に焼き付けるための機材であるLeitz社のValoy(ヴァロイ)という引き伸ばしです。ドイツのライツが1932年〜1962年まで作っていた35mmフィルム専用の引伸機ですごく小型でシンプルで丸い頭でとても可愛らしいフォルム。それを使ってプリントした写真だけを展示しています。
他の引き伸ばし機でプリントした写真となにが違うのか?という疑問が湧くと思いますが、正直言って同じですw たぶん。でもバロイでなくてはいけない。この意味のない縛りに本気で取り組む大人たち。なんて美しいのでしょうか。というわけでよろしくお願いします。

■ Valoy展 2 ■
at 東京・祐天寺 Paper Pool
8/31 – 9/10 (月~水は休み)
http://paperpool.wixsite.com/paperpool

[exhibition] Valoy展 2」への1件のフィードバック

  1. Film Photography

    ライツの引き伸ばし機には到底及びませんが、藤本写真工業製のlucky II-C(1950年代製)でサイアノタイプを作成しております。無理だと言われていたネガフィルムを使ったエンラージ・プリントが可能と判りました。引き伸ばし機の新たな用法としてご紹介いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。