カテゴリー別アーカイブ: darkroom print

[exhibition] Valoy展 2

祐天寺PaperPool主催のマニア写真展、Valoy展2に参加します。
機材縛りの展示です。なにかと言うと、写真のネガの像を印画紙に焼き付けるための機材であるLeitz社のValoy(ヴァロイ)という引き伸ばしです。ドイツのライツが1932年〜1962年まで作っていた35mmフィルム専用の引伸機ですごく小型でシンプルで丸い頭でとても可愛らしいフォルム。それを使ってプリントした写真だけを展示しています。
他の引き伸ばし機でプリントした写真となにが違うのか?という疑問が湧くと思いますが、正直言って同じですw たぶん。でもバロイでなくてはいけない。この意味のない縛りに本気で取り組む大人たち。なんて美しいのでしょうか。というわけでよろしくお願いします。

■ Valoy展 2 ■
at 東京・祐天寺 Paper Pool
8/31 – 9/10 (月~水は休み)
http://paperpool.wixsite.com/paperpool

[darkroom work] Hong Kong #1

香港 2017年3月

香港の猫

” Cat in Hong Kong ” / Darkroom test print / film: Ultra Fine Extreme 400 (TMAX developer) / paper: Ilford MGIV RC 44M 8×10 / camera: Leica Leitz M4-P + MS Optical Sonnetar 50mm F1.1


香港の壁の落書き

” Wall Paint in Hong Kong ” / Darkroom test print / film: Ultra Fine Extreme 400 (TMAX developer) / paper: Ilford MGIV RC 44M 8×10 / camera: Leica Leitz M4-P + MS Optical Sonnetar 50mm F1.1


香港の仏像

” Statues in Hong Kong ” / Darkroom test print / film: Ultra Fine Extreme 400 (TMAX developer) / paper: Ilford MGIV RC 44M 8×10 / camera: Leica Leitz M4-P + MS Optical Sonnetar 50mm F1.1


香港 上半身裸の男

” A naked guy in Hong Kong ” / Darkroom test print / film: Ultra Fine Extreme 400 (TMAX developer) / paper: Ilford MGIV RC 44M 8×10 / camera: Leica Leitz M4-P + MS Optical Sonnetar 50mm F1.1

[darkroom work] Mexico-USA Border

アメリカの大統領がトランプさんに代わり、何かと騒がれているのでこの写真が焼きたくなった。
写真は2016年のティファナの海岸のメキシコとアメリカ国境。国境というと厳戒態勢なのかと気にしていたけれど、実際に行ってみるとメキシコサイドは観光地になっており、沢山の観光客で賑わっていた。親子で楽しそうに遊ぶ家族が印象的。ボーダーの柵の間隔も意外と広く、細い人なら普通に通り抜けられそう。
撮影していると地元のおじさん(といっても僕より若い)が「ビール好きか?」話しかけてきた。もちろん!と答えると、でっかい缶のTECATE Liteを買ってきてくれて、チュロス屋や交通整備員、飲食店のおじさん達となぜか路上飲み。警察が来たらビールを発泡スチロールのカップに慌てて移したり。彼ら英語はあまり話せなかったが、Googleの音声翻訳を使いつつスペイン語コミュニケーション。すごい時代だなぁと思いつつも、おっさん達の言葉は卑猥なものだったり、俗語だらけで全然出てこなくて苦労した。おかげでたくさんの汚いスペイン語を覚えたw 夜は更け、そろそろ帰りたいなぁなんて思っていると、仕事をしないで酒を飲んでいるチュロス屋の奥さんが来てみんな叱られてお開き。楽しい夕べだった。

使ったカメラはミノルタCLE+ライツエルマー35mm F3.5。この組み合わせが超小さくてポケットにも入るので気に入っている。ジャンクで買った60年くらい前のレンズなので、逆光に弱かったり、ソフトなのはご愛嬌。とはいえ、軽装の旅にはもってこいだ。

メキシコーアメリカ国境の家族

” A Family beside the Mexico-USA border ” Plaza Monumental Playas de Tijuana Mexico / Darkroom test print enlarger: Leitz ValoyII+Focotar 50mm/ film: Arista EDU Ultra200, paper: Arisuta EDU VC FC 5×7 / camera: Minolata CLE + Leica Elmar 35mm F3.5

メキシコーアメリカ国境の家族

” A Family beside the Mexico-USA border ” Plaza Monumental Playas de Tijuana Mexico / Darkroom test print enlarger: Leitz ValoyII+Focotar 50mm/ film: Arista EDU Ultra200, paper: Arisuta EDU VC FC 5×7 / camera: Minolata CLE + Leica Elmar 35mm F3.5

メキシコーアメリカ国境

” Mexico-USA border ” Plaza Monumental Playas de Tijuana Mexico / Darkroom test print enlarger: Leitz ValoyII+Focotar 50mm/ film: Arista EDU Ultra200, paper: Arisuta EDU VC FC 5×7 / camera: Minolata CLE + Leica Elmar 35mm F3.5

メキシコーアメリカ国境

” A Family beside the Mexico-USA border ” Plaza Monumental Playas de Tijuana Mexico / Darkroom test print enlarger: Leitz ValoyII+Focotar 50mm/ film: Arista EDU Ultra200, paper: Arisuta EDU VC FC 5×7 / camera: Minolata CLE + Leica Elmar 35mm F3.5

[darkroom] Leitz ValoyII enalrger

4×5の引き伸ばし機を部屋に置けず、処分してから早5年。
縁あってずっと欲しかったバロイを祐天寺PaperPoolの楢林さんから譲っていただいた。バロイ2、すごく小さくてシンプルでかわいい!35mmのフィルムしかプリントできないけど、最近はライカで撮影することが多いのでこれがあれば十分。大きいサイズやバライタプリントは鈴木写真工房さんでやる。夜中の時間をプリントに当てられるのは嬉しい。

I got “Leitz Valoy II enlarger” from Narabayashi-san. Valoy II is very small and Kawaii. It can enlarge only 35mm film, but my recent main camera is Leica so it’s enough. If I need to print Medium and Large format, I will go Suzuki Shashin Koubou(rental darkroom) in Gotanda.

ライカ バロイ2

Leitz 35mm enlarger “Valoy II”

[exhibition] 駄カメラ写真グループ展3rd

Lomo Lubitel166B

Lomo Lubitel166B

3000円以下の駄菓子的なカメラでも楽しめるぜ!
という展示に参加しています。みなさん3000円以下のカメラを購入し試行錯誤しながら超楽しんでいます。
駄カメラと言えどみなさん作品は本格的。プリントもしっかり。見応えがあります。
僕は前期組に参加しています。もうすぐなくなる青山団地でLUBITEL166Bで撮影したモノクロプリントの作品です。
フィルムと印画紙はアメリカで購入。荷物検査で感光されつつも生き残ったものたちです。
会場ではちゃんとしたサーバーのビール400円やワイン、コーヒーも楽しめます。

“Da-Camera Exhibition 3rd” has been started.
This exhibition focuses “Da-Camera” which can be bought under 3000JPY.
“Da-Camera” means Camera like a snack. Recently, few people use film cameras, and the value of the film camera on the market is steadily decreasing. So we can easily buy old high performance film camera in cheap price. But the depiction of those cameras are vert unique and interesting. All artist use that instruments and prepare amazing works by each technique.
My print is taken in by Lomo Lubitel166B, fiber base paper darkroom print.

ーーーーー

■ 駄カメラ写真グループ展3rd ■
https://www.facebook.com/events/1766105636947772/

<会期> 
前期 12月1日(木)〜11日(日)
後期 12月15日(木)〜25日(日)
火曜~金曜 15:00~21:00、
土曜 12:00~20:00、
日曜 12:00~17:00
月曜休

<場所>
アイアイエーギャラリー  http://iiagallery.com/
東京都中央区日本橋小伝馬町17-5 7ビル
地図 → https://goo.gl/maps/RQ2hRgjtjT52

<出展者>
— 前期 12/1~10 24名 —
諫山道雄、稲葉和久、大沼秀璽、加藤法久、金沢基珠、河田力也、
狐塚英雄、黒木麻恵、越川操市、鹿野貴司、篠原一夫、田中長徳、
田村彰英、戸澤裕司、那須 潔、楢林洋介、林 朋彦、前田和也、
松成絵理子、森谷 修、余吾鋭哉、Takayuki Koike、Chikasige Yukiya、Yoshimichi Toki
— 後期 12/15〜25 24名 —
相磯征正、赤城耕一、朝倉 崇、足立和愛、石井正則、上田健次、
うさみ航、漆原 豊、榎本八千代、大野克己、岡村泰三、小原孝博、菊池俊輔、木野正好、今野聡子、砂田陽一、土屋利昭、富樫一公、徳重 勇、中瀬 裕、日暮哲也、蛭田英紀、松田和弘、吉田真人

[camera] Rollei35T

縁あって、ローライ35Tが我が家にやってきました。
そして早速、試し撮りをしてきました。このカメラとにかく小さい!レンズを折り畳むと余裕でポケットに入ってしまう大きさで持ち運びが非常に楽。デザインもカッッコイイし持ってて嬉しくなるカメラだ。ピントは目測なので近距離の撮影は難しいけど気にせずぱしゃぱしゃ気楽に撮れる。最近ライカのレンズばかり使っているせいか、コントラストが高めで、焼き始めはちょっと苦労して、レンズによってこんなにも変わるもんなんだなぁ〜と感心。次回はカラーをつめてみよう。

I got Rllei35T from an illustrator, and took some test shot. The Rollei35T is very compact and easy to bring in my pocket! very nice. Design is also cool and I feel happy to take one. The Focusing is difficult because it’s eyeball system.

Rollei 35T with café au lait

Rollei 35T with café au lait

" a off-street "  Gotanda Tokyo /   Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Leica Focotar 50mm F4.5 / film: Fuji Acros, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Rollei35T 40mm F3.5

” a off-street ” Gotanda Tokyo / Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Leica Focotar 50mm F4.5 / film: Fuji Acros, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Rollei35T 40mm F3.5

" Choukoku no mori "  Hakone Kanagawa /   Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Leica Focotar 50mm F4.5 / film: KODAK TMAX400(TMY), paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Rollei35T 40mm F3.5

” Choukoku no mori ” Hakone Kanagawa / Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Leica Focotar 50mm F4.5 / film: KODAK TMAX400(TMY), paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Rollei35T 40mm F3.5

" Volcanic Steam "  Hakone Kanagawa /   Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Leica Focotar 50mm F4.5 / film: Fuji Acros, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Rollei35T 40mm F3.5

” Volcanic Steam ” Hakone Kanagawa / Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Leica Focotar 50mm F4.5 / film: Fuji Acros, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Rollei35T 40mm F3.5

darkroom work #14

中国天津。darkroom work #13 の続き。
デジタルが続いたのでたまにはアナログの写真を。
これらの写真は中国産のラッキーSHD100(Lucky Film=中国乐凯胶片集团公司)というモノクロフィルムを使っている。北京五棵松の北京摄影器材城というところで購入したもの。せっかく中国の写真を撮るのだから、その国のフィルムを使わなければ、と思ったわけです。このSHD100、感度100にも関わらず粒子が相当荒い。けれどもその荒さがドラマチックで結構好き。しかし残念なのは気温が高いところにフィルムを置いておいたばかりに、テレンプかその接着剤が溶け出してフィルムがベトベトになってしまったこと。10本くらい買ったのに半分以上がダメになってしまった。生き残ったフィルムで撮影したのがこの天津のシリーズ。乳剤面にすーっとまっすぐ入った傷もまた思い出深い。

中国 天津

” old apartment ” Tianjin China / Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Rodenstock Rogonar-S 50mm/ film: Lucky SHD100, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Leica M4P + Leica Elmar 35mm F3.5

中国 天津

” a gate ” Tianjin China / Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Rodenstock Rogonar-S 50mm/ film: Lucky SHD100, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Leica M4P + Leica Elmar 35mm F3.5

中国 天津

” a woman ” Tianjin China / Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Rodenstock Rogonar-S 50mm/ film: Lucky SHD100, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Leica M4P + Leica Elmar 35mm F3.5

[darkroom] Enlarger Lens

先日、一台の引き伸ばし機で引き伸ばしレンズを色々変えてどういう像になるか、という焼き比べ実験をしてみた。
使ったのは、フジのEX50mmF2.8、ローデンシュトックのロゴナーSとニコンのELニッコール50mmF2.8、ELニッコール63mmF2.8、そして写真には写ってないけどライカのfocotar50mmF2.8。正直あまり変わらないし、どれが良いという事もないけど、なかなか面白い結果が得られたのでいつか焼き比べ結果を発表します。

Fujinon EX 50mm F2.8 / Rodenstock Rogonar-S 50mm F2.8 / EL Nikkor 63mm F2.8

Fujinon EX 50mm F2.8 / Rodenstock Rogonar-S 50mm F2.8 / EL Nikkor 63mm F2.8

darkroom work #13

最近なんだか暗室熱がまた上昇中で、五反田の鈴木写真工房さんのところに通っている。下記の写真は数年前に言った中国天津の風景。綺麗な町並みを少し外れるとフォトジェニックな世界が広がっていた。

Recently, my darkroom work motivation has been increasing and I frequent Suzuki Photography Lab in Gotanda.These photographs were taken in Tianjin China. I could see the photogenic world in the city.

" a chiken "  Tianjin China /   Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Rodenstock Rogonar-S 50mm/ film: Fuji ACROS100, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Leica M4P + Leitz Elmar 35mm F3.5

” a chiken ” Tianjin China / Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Rodenstock Rogonar-S 50mm/ film: Fuji ACROS100, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Leica M4P + Leitz Elmar 35mm F3.5

" a bike "  Tianjin China /   Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Rodenstock Rogonar-S 50mm/ film: Fuji ACROS100, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Leica M4P + Leitz Elmar 35mm F3.5

” a bike ” Tianjin China / Darkroom print enlarger: Fuji SD690+Rodenstock Rogonar-S 50mm/ film: Fuji ACROS100, paper: Ilford MG4RC8x10 / camera: Leica M4P + Leitz Elmar 35mm F3.5